« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月16日 (木)

Elpisの音とか。

簡易レビューなので後になって印象が変わるかもです。
メタラーという事でDreamTheaterの最新「DreamTheater」
を聴いてみました。(ハイレゾ版です。)

パッと聴いた感じは「音場が広く」「DD特有の低域の沈み」
が印象的です。ただ、中域に若干のスカスカ感は感じます。
低域と高域(15k位まで)の量が多く、低域はヘッドホンっぽ
い鳴り方をしますが締まってシャープな音ではありません。
またシャリつきは若干あるものの刺さりは皆無。全体を通
して若干(以上??)のマスク感(曇り)があり、小さなハコで
ライブを聴いている感覚に近いかも知れません。・・実際
のライブみたいに低域の津波にかき消される印象はありま
せんので購入を考えている方は安心して良いかと思います。

Merlinの高域の質と量を薄くして全体的に曇りを付加して
低域は強調したように感じます。低域は少し暴れ気味。た
だ、ライブとか好きな方は好みに合うかも。


自作派視点で見ると・・

・高域はSonion2389(CenterTap)+15uF+緑フィルタ
・低域はMerlinDDに酷似(同じ?)のDD+20Ω+赤(茶?)フィルタ
・ベント穴は白フィルタ?(680Ω)
・高域側の音導径拡張はなし
・チューブは一般的な20mm

といった所でしょうか。

DDを38AMに差し替えたらまた違った質のドンシャリになりそう。
2389+38AMの組み合わせって楽しそうに感じるのは自分だけ?w

ちなみに昨日買ったレンズのボケ具合が楽しいwww
Dsc00086
Dsc00090
Dsc00091
Dsc00094



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

UniqueMelody Aero & Null Audio Elpis

Aeroはグループバイで、Elpisについては普通に購入しました。

今回のAeroはシェルがかなりの透明度で気泡や変に弄った跡は皆無。
購入した方によっては到着時から濁っている部分や接着跡が残っている
場合もあるようです。こればかりは運ですよね。クオリティの均一化は
手作業と言うのも相まってかなり難しいとは思いますが、これがクリア
できれば信用も今より更に上がるものと思います。期待しましょうw

私がオーダーしたシート(デザイナー)では黄色のカナルは「クリアイエ
ロー」と指定したはずなのですが、出来上がったのを見ると明らかに不
透明。人づてで聞いた話ですがどうやらUMの一部の色は色が濃い為に不
透明に見える仕上がりになってしまうようです。黄色の他には紫色も該
当するようです。もしクリア○○色を指定する場合は予め備考欄に
「Please use transparent blue color. 」とでも書いておくと良いか
も知れません。

Dsc00059
Dsc00062



Elpisについては最初届いたものが他人のインプレッションで作成されて
てしまい、再度正しいインプレッションを使用して作成して頂きました。
間違いを知らせた後はとても迅速に対応して頂き好感が持てました。プロ
とはいえ大量のインプレッションを裁いているのですから時々の間違いは
仕方ないものだと思います。他人のElpisは良いデータ取りにもなりまし
たしwww

実はElpisはUM Merlinで使用されているDDと同一の物とSonion 2389の2ド
ライバ構成なのですが、間違いElpisの方の2389には何と「UE High」と刻
印されており、ここからは邪推なのですが「Rooth REMで余ったドライバ
が一定数集まったのでElpisに使用してしまおうw」という考えの下使用さ
れたのかも知れないと思っております。・・だとすると2389は中古品w??
まぁ安いしいいかな~と。
そして、当然UE Highが使われていると思いつつ送り直されたElpisを見て
みると、2389の刻印のまま。まぁいいか。安いしwww
どうやらNull様はUE Highを使い切ったようであります。今からオーダー
した場合は2389刻印で手元に届くと思われます。

改めてシェルを眺めてみるとRooth Made ,NullAudio Planningといった所
でしょうか、DD周りの処理がUMと瓜二つです。特にガレージによって差が
出やすいアンビエントベントポートの造りがソックリ・・と言うか同じww
シェル自体については今話題の3Dプリンタを使用して作成されています。
そのせいか、シェルに結構目立つ積層跡がいくつもあるのが分かります。
特に処理し難いシェル裏側に跡が多く、これは気になる方にとってはかな
り抵抗になるものと思われます。素材自体の透明度はとても高く、裏面を
綺麗に仕上げる事が可能になればかなりレベルの高いシェルになりうると
思います。

余談ですが、よく見るとカナルの内側と充填したレジンにくっきり
と境目が見えてしまってますね。シェルに使用している素材と、
充填用レジンの光の反射率に差があるようですね。
自作をしている身としてはここが「シェルと充填素材を同一にした
い理由」なんですよね。


Dsc00056
Dsc00058


・・という事で音についてはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »