« ポタフェス2014夏 & Noble Kaiser K10 | トップページ | 1964-V6S , UM Mentor , Noble K10 写真 »

2014年7月28日 (月)

UM Mentor & Noble Kaiser10 F特

両方とも5回計測。カプラはいつも使用している物です。カプラの特性に
ついては当ブログの過去のエントリを参照してください。
今回は特性のみ。

UniqueMelody Mentor
Um_mentor
10個ものドライバを使用していながら左右のマッチングがこれ程合っているとは・・
正直(高域に関しては)もっと合っていないものだと思っていました。
3.7KHz位の場所にディップが発生しているようです。しかし私の聴覚では自然に
聴こえます。また13KHz周辺に山が見えますがカプラの共鳴によるものと推測出来ます。
*この山の全てがカプラ由来ではないとは思いますが。


NobleAudio Kaiser10
Noble_kaiser10

これも10個ものドライバを使用したCIEMで、個人的にはMentorよりも好み。しかも
マッチングが超高域以外素晴らしい程にあっています。こんなの実力のあるメーカー
以外は絶対無理w ちなみに4KHzに小さなディップが発生していますが問題なし。
特に素晴らしいのは音の繋がりの良さです。「不自然に感じる感」が圧倒的に他の
多ドライバCIEMより少ないです。あとはドライバ固有の音色で好みが分かれる位。



以上の点を踏まえてですが、よく「フラットが~」等と言う方がいらっしゃいます
が、人間の耳にとっては逆にある程度のディップがあったほうが自然に聴こえると
聴覚の専門家は言いますね。
Mentor,K10これらのディップは位相の反転が原因かと思われます。どうしてもハイ
カットやローカット等を(受動部品を使用して)行うと位相が乱れます。解決策は位相
が正しくなるチューブ長を見つけてシェルに入れる(FreqPhase等)方法と受動部品を
使用しないドライバ構成にするか、この2点しかありません。反転した位相を再び反転
させて元に戻すという方法もあるにはありますが・・。
しかもf特や位相が音の全てではありません。音場やドライバ由来の音質等音を構成
する要素は他の事柄のが多い位です。要は「まずは音を聴いてみて」からですね。


|

« ポタフェス2014夏 & Noble Kaiser K10 | トップページ | 1964-V6S , UM Mentor , Noble K10 写真 »

カスタムIEM」カテゴリの記事

コメント

最終的なタスクを完了するためにメンターが必要

投稿: kata-kata | 2016年11月25日 (金) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88604/60058966

この記事へのトラックバック一覧です: UM Mentor & Noble Kaiser10 F特:

« ポタフェス2014夏 & Noble Kaiser K10 | トップページ | 1964-V6S , UM Mentor , Noble K10 写真 »