« ヘッドホン祭2014秋 | トップページ | IceLab UE900+4D »

2014年11月16日 (日)

Sonion1723+knowlesCI22955 カスタムIEM

Sonion1723+knowlesCI22955

で作成したCIEMです。


高域はあまり主張させずに低域にフォーカスを置いた作りとなっています。

シェルは紫で外側は透明の2層構造になっており、フェイスプレートは赤紫です。

シェル側のコネクタはカスタムIEMの標準とも言うべき埋め込み式の2ピンを
採用しました。

1
2
3
4


シェルの素材は今まで通りの(人体に無害な)樹脂ですが、ここ数日でD社の樹脂
に対するノウハウが段々と貯まりつつそろそろ標準的なクオリティに近づけそうです。
ただ新樹脂の入手性がとてつもなく悪く、加えて価格も高いのでまだまだ課題は
山積み状態ですね。また、シェルの作成方法が厳密に規定されており、それに伴い
機材の購入も必要なので「\」が最低でも機材だけで数十万円必要・・と、もはや
趣味の範囲を大きく逸脱していますwww

|

« ヘッドホン祭2014秋 | トップページ | IceLab UE900+4D »

カスタムIEM」カテゴリの記事

コメント

初めてのコメントで厚かましいとは思いますが、一つお聞きしたい事がありコメントしました。
自作iemを始めてみようかと思っているのですが、シェルの作成の際にuvライトはどの様に当てれば良いのでしょうか?
勝手なイメージでシリコン型の下から当てるものだと思っていたのですが、上からでも問題ないのでしょうか?
宜しければご教示下さい。

投稿: smile | 2014年12月30日 (火) 23時54分

コメントありがとう御座います。
カスタム自作がんばってください。
UVライトの当て方ですが、基本的にはフェイスプレートが接着される部分には当てずに、他の部分に均等にライトが当たるように
照射します。また使用する素材やライトによって硬化速度などの特性は千差万別ですので、最初はなかなか上手くいかないと思います。
このノウハウを蓄積する事も楽しみのうち、という位の気長な気持ちで行うと良いと思います。
詳しくお調べになる場合は当ブログよりもtwitterの方が良いかも知れません。ご参照ください。

投稿: | 2015年1月 2日 (金) 20時57分

成功はハードワークで達成することができます

投稿: daftar | 2016年11月25日 (金) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88604/60664405

この記事へのトラックバック一覧です: Sonion1723+knowlesCI22955 カスタムIEM:

« ヘッドホン祭2014秋 | トップページ | IceLab UE900+4D »