2014年3月 8日 (土)

LCD-Xの印象

いつかは欲しいな~・・と思っていましたAudez'e LCD-3だったのですか、
去年年末にLCD-X/XCが発売になり「どっちか片方は絶対買う」と決めてお
りました。アメリカからの直接購入でも良かったのですが、使用頻度の高
さを考えて代理店の保証のある国内版を購入。ちなみに直接購入と国内版
との価格差は送料等含めて大体4万~5万円の違いです。
・・・あ、購入したのはLCD-Xです。

Img_1353

余談ですがこのLCD-xxシリーズはアマゾン等で簡単にドライバ以外が部品
単体で購入できメンテナンス性がとても高いです。しかも「造りが貧弱だ
なぁ」と思われる部分の部品がドンピシャで手に入る。これは毎日数時間
という高い使用頻度を予想している自分にとってはとても助かります。
Img_1354 4pinCannonの他に通常のジャックケーブルも付属します。

Img_1356 ハードケースも付属しますが
・・・正直置き場に困る。

本題の音と装着性wですが・・

音は良い意味でFostex TH900と正反対です。箇条書きにしてみると
(密閉型と開放型の比較??・・と思われる方もいるかと思いますが)

--環境--
PCトランスポート
   ↓
Mytek Digital STEREO192-DSD DAC
  (DSD5.6MHz)
      ↓
Luxman P-700u
      ↓
TH900(UNBAL)/LCD-X(BAL)



TH900
音場が(密閉型にしては)異常に広い。これは凄い。
高域がキラキラしていてとても伸びる。刺さりは無い・・と思う。
中域は程よい濃さ。音場の広さの影響か音が遠くから聞こえる感じ。
低域は超低域から良く出る。量は多くないがとてもしっかりしてる。
イヤパッドがプニプニしていて装着感はかなり良い。
装着感は良いがハウジングに細かい傷が付き易く使用には気を遣う。




LCD-X
-音場-
コレ密閉型かい? みたいな音場。半開放(T5P)より密閉感がある。全ての
帯域の音がドライバユニット全体から均等に出ている感じがして、全部
の帯域が音の芯みたい。TH900は音の中心から放射状に広がるのに対して
LCD-Xは既に均等に広がった状態で音が出ている。音の密度に偏りが無い。
これは結構凄いことだと思う。これが平面磁界/全面駆動の特徴なのでし
ょうか?
STAXの製品と似た鳴り方がします。ただ音の濃さはこちらの方が圧倒的に
濃いです。LCD-3との比較では薄めだがやはり濃い。ただ篭った感じはし
ないので開放型と密閉型の良い所を高いレベルで両立した感じ。

-高域-
比較的大人しいですがしっかり出ています。TH900みたいなキラキ
ラ感は全くありませんが透明感のある伸びた高域を聴かせてくれます。
LCD-3みたいに超絶濃い中域/低域にマスクされている感は薄らいでい
ます。ただ、高域好きな方が聴くとそのように聴こえるかも知れません。

-中域-
とても濃くTH900とは全く別の充実したボーカルを聞かせてくれます。
LCDシリーズの一番の特徴ではないでしょうか。あくまで高域/低域を
阻害しない、それでいて人間の耳が自然に感じる帯域バランスを鳴ら
しているように聴こえます。

-低域-
太い芯に支えられた迫力ある低域で、f特的には比較的フラットである
はずなのに聴いていて楽しい。一点から放射状に広がって聴こえる他の
ヘッドホンとの動作原理の違いがこの様に聴こえさせる要因になってい
るのでしようか?? 予め耳の全体まで広がりきった状態で音を出してい
る様に聴こえるため、低域が強めに聴こえるのかも。・・と思う。

全体的に自然且つ密度の濃いSTAXを力強くした音に聴こえました。
ただ、弦楽器系の音に関してはSTAX(SRM-4040)のが優しく自然に聴こえ
ます。この事に関しては性能云々よりも得意分野の違いでしょう。
実際の発売価格がかなり高額ではありますが、モノとしてはTH900や
SR-009等と同じく「ひとつの到達点」だと感じられるヘッドホンだと
思います。



| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

インプレ加工

やっと大体の道具を買い揃える事ができました。
リューターとかは元々あったので、残りをアキバで調達。

とりあえずHeirAudioのインプレッションを参考に切り出し。
組立工作員様のブログを見ると「高さを出す方が良い」と書かれて
いたので、出来るだけ真似てみました。

削っては装着を3回程度繰り返してとりあえず違和感なく装着出来る位にまで作れたと思います。

Img_0664

真空おひつが届いたらこれを元にメス型の作成に取り掛かろうと
思います。今回は樹脂のオス型は省略。もっと完全なインプレ
が取れたら作ってみようと思います。


小さな窪み等を処理しないといけないと思うのですが、タミヤの
パテとかで埋め→サーフェサー吹いて→ロウ付けでOKなのかなぁ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

ええと・・・

ええと・・・2/4にとあるアクシデントでポタ研に参加出来なか
ったsisyphusですorz


折角IEM自作erの方々とお会いできるチャンスだったのです
が、メチャ残念です。また、「行きます」と言っておきながら結
局行けずで申し訳御座いませんでした・・。

実は2/4に会社で(持病の)怪我をしてしまいまして、今は自
宅で療養中なのです。腕とかなら気合でポタ研に参加できた
のですが、生憎と足なので身動き出来ない状態でして・・。


畜生。次は絶対行ってやるwww




・・勢いで購入してしまったFOSTEX TH900の簡易レビューを

DACはいつものMYTEKで、試聴曲はPain of Salvation The P
erfectElement I 「Used」です。

Ultrasone Edition9では「熱気の立ち込めるライブハウスの中」
みたいな印象があったのですが、TH900は「広いホールの中で
格楽器に囲まれている」ような印象がありました。

E9/TH900共にドンシャリ傾向にありますが、低音/高音の質は
全く異質なものです。E9は明らかに攻撃的な低音なのに対して
TH900は八方から押し寄せる低音と言えると思います。
高音もE9は攻撃的でパワーがあるのに対してTH900は広大な
音場の中で消え入る余韻を上手く表現できています。


FOSTEX TH900
Img_0636

音場 密閉型かよ!?と思わせる広さ (9.5)
高音  余韻定位に優れる   (9)
低音 多いが適度に締まってる(8.5弱)
中音 高音/低音とのバランスが良い (8.5)
他  結構重い・・・。けど変な一点集中締め付けみたいなのは
    皆
 無。イヤパッドはふかふか。E9の革よりは劣る。


Ultrasone Edition9 (←ついで)

音場 あまり広くない。少し窮屈。(8弱)
高音 攻撃的。刺さる寸前。(9.5)
低音 ムキムキマッシヴ。熱い。(9.5)
中音 適度にマッシヴ。(9)
他  明らかに聴く側に「よし!聴くぞ!」みたいな気持ちでないと
        疲
る。ただ、メタルを聴くと風邪も治る勢い。よく言わ
        れている装着感はその通り。禿げはしないが設計に難
        あり。


そうそう。1964Earsの代理店決まりましたね。私たちは直接購
入NGにならない事だけを祈るしか出来ません・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

Fostex TH900 & 1964ears 1964-V3

またまた衝動買い発動しちゃいましたww

最初はGrado PS1000を買おうと思ってダイナ5555へ行って
みた
のですが、たまたま気まぐれで目に入ったFostex TH900
を聴いた
所驚くほど綺麗に纏まった音で買ってしまいました。
(実際に買ったのは違う販売店だったのですが・・)

また、現在TH900の在庫を抱えている販売店がかなり少な
らし
しくその理由を聞いた所先月(2013,01)出荷分のハウジ
ングの
塗りの工程で失敗してしまったらしく、現在再製作し
ているとの事
らしいです。


さて、先程ですが組立
工作員さまから「CIのパッド部分にベン
ト穴が空いているか?」
というご質問を頂きましたので早速調べ
てみました

Img_0634

写真がiPhone4sの物で鮮明ではなく申し訳ないのですが、空
いて
いますね。結構ハッキリと分かります。

そうそう、2/9のポタ研ですが行ってまいります。散財&車検
った
のでお買い得品ゲットは出来そうにありませんが・・・






| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

寒中見舞い

今年に入り二週間程度が経ちましたが如何お過ごしでし
ょうか?
私は正月もガッツリ仕事な感じでして「正月気分」は
(毎年の事ながら)殆ど感じず終いでした。

しかしこれも毎年の事ですがフジヤの福袋は採算度返し
だったようでして、出遅れてしまったのが未だに悔しい
この頃です。

新年に入り早々に色々な掲示板を巡回していたのですが
、とある板で紹介されていたプログレメタルバンドが異
彩を放っていてすげぇ!・・という書き込みを見てoutube
にて聴いてみました。
「プログレッシブメタル」と言うと、どうもDTっぽさが
拭い切れていないバンドが目立つ中、このPain of svat-
ionはプログレの枠を超えて色々なジャンルの音を取り入
れた独特な作風で面白い。
DTみたいなキャッチーさがほぼ0なので、その独特な世界
観も相まって受け入れられにくいと思うのですが、慣れ
ると不思議な世界に飲まれ嵌ります。
DTみたいに「僕たちこんな事も出来ちゃいま~す」みた
いな超絶テク自慢大会はせず、けれども思わずニヤける
超絶テクをチラッと出してくる。そして最大の特徴であ
る「心の叫びや苦しみ、痛み」みたいな心を抉る表現が
凄まじい。
一人で暗い部屋の中で聴くと間違いなく鬱になれます。
今年のイヤホン、ヘッドホンの試聴用ローテーション入
り決定で御座いますw


さて、1964ears 1964V-3 と UniqueMelody Merlin の
比較ですが、以下の環境にて行いました。

*PCトランスポーター
*MYTEK DIGITAL STEREO192-DSD DAC (USB)
*Pain of Salvation 「Remedy Lane」TrackNo.1~4
Cover
(DSDファイルに変換,DSD128)


----------------!!!注意!!!-----------------------

評価は箇条書きにしています。
後の括弧内の数字は点数を表していて、最低1、最高10
としています。
聴く時の体調や気分、前後に聴いた曲との違い等で評価
に矛盾点等がある可能性があります。あくまでも「参考
程度」にしてください。
また、私はテクノ、アニソン、クラッシック等は聴きま
せん。洋楽のみ、HR/HM(プログレ)です。よって偏った
評価があります。その点もご考慮下さると助かります。
-------------------------------------------------

<1964-V3>
*音場・・・近め。それぞれの音の立体感が際立つ。(8)
*高音・・・ギターのピッキングの様子が良く分かる。(7.5)
*低音・・・凄く沈む訳ではないがキレが良い。(7)
*中音・・・良く出ている。高音と低音とのバランスが良い(8)

*その他・・
           音全体の臨場感がかなり良く聞こえる。生音の
      生き生きした感じはMerlinのが良く出ているが
         かと言ってカサカサした感じはしません。端的
           に言うと「さっぱりとした」感じ。ドラムのスネ
           アが主張していて気持ちよい。もう少しだけ人工
           的な感じが取れれば更に良いと思う。

<Merlin>
*音場・・・普通。極めて自然。各楽器の消入る様子が良い(8.5)
*高音・・・もう少しだけハイハットの響きが欲しい(7.5)
*低音・・・脳ミソが揺さぶられる。ゴムボールみたい(9.5)
*中音・・・少し引いてる。ドンシャリ傾向(8)

*その他・・
           「音を聞く」ではなく「音楽を楽しむ」IEMです。
           個人的にはかなり気持ちよく聴ける。
      特にベースとバスドラの主張は数あるカスタムIEM
           の中でもかなり激しい方だと思う。また、D型のド
           ライバのせいかヘッドホンに近い低音の出方がする。
           全体的にドンシャリだけど生々しさが際立ちBA型の
           弱点を上手に補っている。
 
・・・といった感じでしょうか。
私の使用しているヘッドホンがUltrasone Edition8,9,PRO2900
等の低音をきっちり出すタイプが多いので、ぶっちゃけV3は物
足りませんorz SONY-7502カスタム(ドライバの加工とリケーブル
品)で聴くと「そうそうwこれがフラットの音だったww」って感じ
ます。

Minerva Mi-3の造型に違和感を感じて並べてみたらビックリ。
他のカスタムIEMとは全然形が違うww

01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

IEM/ヘッドホンの撮影用カメラ購入



今までオリンパスE-P2で撮っていましたが、微妙にEVF取り
付けが面倒だったので「EVF内臓でミラーレス一眼で良さげ
なのないかなぁ」・・と思っていながらアキバのヨドバシ3F
をウロウロ。
持ち運びに便利なペンタックスQ10も良いけどEVFが無いんじ
ゃナシだし富士のはデカイし・・と思っていたらSONY NEX-7
を発見。カッコいいしEVF内臓だし!!・・あ、Eマウントだからフォ
ーサーズレンズが実質使用不可能だorz

・・でもEVF内臓でこのサイズはメチャクチャイイ。
・・・という言で速攻購入(ヨドバシでじゃないけどw)

ついでに最もよく使うマクロレンズも一緒に購入。
てか、Eマウント用レンズの種類の少なさに愕然・・少ねぇ

って言で、まだ慣れないんですが最近購入したヘッドホン
を撮ってみました。
更に予想外の買い物が沢山あった関係でACS T1LiveやV6は
まだ購入出来ていません。今月末にMacMiniも購入しなけれ
ばならない関係で更に延びる予定になりそうです・・。

Dsc00017

Dsc00011
あと、IEMの比較レビューを予定していたのですが、時間が
取れなくてなかなか進んでおりません・・・。マジですみま
せんorz

前にも書きましたがMYTEK 192-DSD DAC凄く良いです。
今まではLYNX AES16eとGRACE m903で使用していましたが、
これよりも全体的な音のレベルが一段以上上なのは間違い
ありません。解像度、密度、空気感等、特にDSD(128)を再
生した時は「USBなのに!? USB馬鹿にしてた自分が恥ずか
しい」と正直に思いました。PCMとDSDじゃ根本から違う
(実際はエンコーダがPCMにする過程で一度DSDになるんだ
けど、長くなるので割愛)ので比べるのが間違いなんです
がこのDACはAESで入力された場合も非常に力強く濃密です
がスピード感溢れる音を出します。
これはGRADOやUltrasoneととても相性が良いです。私の基
準としているSONY 7506バランス(その他色々)カスタムで
聴いても「淡々とした音」が「ビルダー並のマッシヴ」に
なってしまいますw
これじゃ評価システムとして×なのでAES16e+m903はその
まま雇ったままにしました。
ただ、ぶっちゃけガツン!!と来る楽しい音なので最近は1
92DACとUltrasoneばかりで聴いております。何かこの音
が自分の標準になりそうでヤバいw

やっぱ音楽は分析するものではなく、楽しく聴くのが一番
だと私は思っていたりします。ただでさえ今のレコーディ
ングはイコライザでいぢくり回された音ですからね。
・・・ライブ行きてぇww



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

こんちは。
何か風邪引いたっぽいです。

祭は28日に行ってまいりました。

聴いて来たのは・・・

Ultrasone IQ,Tio
               Signature DJ

1964ears  V6

Luxman    P-700u

audio-technica  ATH-AD2000X

Aurisonics  AS-2

音茶楽    FLAT4-楓

KORG DS-DAC-10

Unique Melody PP-6

・・・他は混んでて聴けなかったorz

*Ultrasone IQ,Tio,Signature DJ

IQはUltrasoneらしく低音が強調されていて全体的に密度の
濃い音に感じました。音場は近くボーカルもはっきりしてい
ましたが、「これで7万??、いや3万でしょ。」と感じました。

Tioは一言。「すっかすか」「ボーカルが遠い」これはない。

Signature DJはDJ1を少し大人しくして高域と低域を聞き取り
易くしたような音でした。イヤパッドがプニプニのお陰で強
めの側圧が緩和されていました。

*1964ears

聴いたのはV6だけでしたが、結構良かったです。カスタムなの
でイヤピースの関係で低域がスポイルされていたとは思います
が、それでも十分な低音が出ていて他はV3を濃くしたような音
でした。やる気の無い営業さんと話しましたが、話し振りから
察するに多分取り扱いはほぼ決まりでしょう。
全体的に知識不足みたいで私のV3を見て「これは旧型のV3です
か?」と意味不明な質問をしてきました。「・・いや、ヘリク
スロック部分に書いてあるっしょ?」と突っ込みたくなりました。
また、比較用に持ってきた1964-V3を私が「何かこれ2wayっぽい
んですよね~w 1964さんから何か情報入ってます?」と聞いても
頑なに「3wayですよ」と主張していました。私が「3wayにして
はコンデンサと抵抗の数が足りませんが・・」と言ったら、「
分かりませんが3wayです」と言われました。・・日本語でおk

*Luxman P-700u
バランス版 Ultrasone PRO900で聴いたのですが、良いいみで
「らしくない」い音でした。また抜群の解像度で聴き入ってし
まいそうでした。入出力も豊富で場所と資金さえ確保出来れば
欲しい・・。
余談ですが、RSAのTheDarkStarとどっちにするか迷いますね・・

*Unique Melody PP-6
これは残念ながらアナログ接続での試聴しか出来ませんでした。
アナログでは密度が薄く低いレベルで纏まってる音でした。
機会があればデジタルで試聴してみたいですね。

*audio-technica  ATH-AD2000X
これは良かった。広い音場で高解像度。適度の低音に刺さらない
高音。しかも圧倒的に軽い!! ケーブルは両出し4芯(←聞いて確
認しました。)でバランス化が簡単に出来そうな予感。営業の方
もとても親切で嬉しかったです。アームの強度が心配で聞きま
したが、「前作よりも強いかもw」と言っていたので安心出来そ
うです。購入予定にします。

*Aurisonics  AS-2
営業の方々、とても良くして頂いたのに音は残念でした・・・。
何か、曇った音に聞こえるんです。低音は量は豊富ですが締りが
無く、高音は全然出ていませんでした。
もしかしたらイヤホンジャックの接続の関係で隣のブースから
小型の筒型のアンプを借りて、これを噛ませての試聴をしたのが
原因かも知れません。もう一度整った環境で聴いてみたいです。
見た目の質感はとても高く、フェイスプレートがカッコいい!!

*音茶楽    FLAT4-楓
イヤホンらしくない音場の広さを感じ低音も濃くなくとても聴き
やすい音でしたが、3万~4万が適正価格のように思えます。また、
ブースの方も「好きで作ってます」みたいな感じがしてとても好
感が持てました。どこかの「ガレージを食い物にする輩」とは対
照的ですねw

*KORG DS-DAC-10
これは・・・!!! 凄かった。元々楽器屋さんなので「モニター系
の音」と思っていたのですが、凄く生々しくライブで直接聴いてる
ような音でした。これで5万は価格破壊です。営業の方の話では、
「お客さんの要望が多ければバランス出力も考えてます」みたいな
事を言っていました。また、要望が多ければ台数を限定せず通常
販売も考えているそうです。・・これを1000台しか作らないのは
ナシですよねw 取り合いになりますよ。
























| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

PCオーディオ | カスタムIEM | 音楽